離婚の悩み…

  • 離婚に関する金銭問題

 

離婚に関する金銭問題

離婚時に問題になる金銭問題と言うのは、必ずと言っていい程問題になると思っていいでしょう。例えば「慰謝料」「財産分与」「子供の養育費」「別居中の生活費」等があります。

もし、あなたの婚姻時における生活が専業主婦だとしたら、離婚した場合に今と同じ生活水準で生活をする事は難しいと思われます。

仕事が運よく直ぐに見つけられたのなら別ですが、例え見つけられたとしても今までの様な収入はなかなか得られないのが現状です。更に夫婦の間に子供がいたとします。妻側が引き取った場合には、夫側で養育費を毎月毎月支払って行かなければなりません。例えば、子供が成人になるまでとか長期にわたって送る事になります。もちろん、妻が夫に養育費を支払うと言う逆の場合もあり得ます。

こう考えると、離婚をするという事は、夫婦としての法的関係が終わると言う事以外に、日常生活の変化、金銭面における変化と様々な事に関して変化が生じる事になります。特に考えなければいけないのは、金銭面の事でしょう。離婚を決意したらその後の生活費に関する事は真剣に考えておく必要があります。

また、慰謝料や財産分与などは、お互いにわだかまりが残らない様に、きちんとその定義を理解した上でお互いにとって有利に進められる様に交渉しましょう。

慰謝料に関しては、婚姻中に受けた精神的・肉体的苦痛に対する損害賠償金で、金額に関しては明確にされていません。離婚後も3年間は請求可能ですが、離婚後は支払って貰える可能性が少ないので離婚前に話し合いを進めておく事が大切です。





LINK