離婚の悩み…

  • 離婚の原因「セックスレス」

 

離婚の原因「セックスレス」

離婚をする原因には様々な事がありますが、その中に「セックスレス」が挙げられます。

「セックスレス」の定義としては、夫婦間において性交渉が1ヶ月以上無い場合の事を指すと言われています。また性交渉が無いだけではなく、スキンシップそのものが無い場合も同様に「セックスレス」と言うくくりになると言われています。

どういう状態でセックスレスになるのか、様々理由があると思います。性交渉をしたいけれど健康面、身体的理由が原因で出来ない場合。また性交渉をしたくない場合があるでしょう。

健康面、身体的理由で出来ない場合はともかくとして、性交渉が出来るのにしたくないと言う場合は、夫婦にとって離婚への第一歩にもなり得る危険性があります。夫婦関係が上手く言っていないと言う事は、どちらかが我慢している事になり、欲求不満になっていると言えます。そう言った状況で万が一、他の異性に誘われたりしたら不倫関係にも陥りやすくなってしまうでしょう。

つまり、セックスレスが原因で心身が満たされていない状況になると、他で心身を満たそうと思う様になるのです。

男性側は身体側の欲求が満たされない場合、こう言った状況に陥りやすいですが、女性の場合は気持ちが満たされない場合、こう言った状況に陥りやすくなります。つまりセックスレスの夫婦程、不倫の危険性が高くなると言って良いのです。

それが、健康面や身体的理由であるのであれば、専門の医療機関に行きカウンセリングを受けたり、治療を受けたりする必要が出てきます。一緒に努力して改善していく必要があります。例えば夫が性的に不能になってしまったからと言って、妻が夫に対して離婚請求をする事は出来ないと言う事を覚えておきましょう。

但し、不倫と言う形ならば別の話しです。離婚請求は出来ますので、セックスレスになってしまった理由によると言う事になります。





LINK