離婚の悩み…

  • 離婚の原因「金銭トラブル」

 

離婚の原因「金銭トラブル」

離婚をする原因には様々な事がありますが、その中に「金銭トラブル」が挙げられます。

現代の世の中、金銭トラブルが理由で離婚をすると言う事が多くなってきました。その一因がギャンブル、浪費、借金、仕事をしない等が挙げられます。

今の世の中、共働きで働いている家庭が多くなってきてはいますが、生活費が無い等、生活苦が離婚原因になる場合があるのです。

有る程度の収入が有るのにも関わらず、ギャンブルや浪費が原因で生活苦になってしまう場合、働く意思が無くて収入が得られず生活苦になってしまう場合、どんなに改善しようと提案しても無理であるならば、充分に離婚理由になります。

また、配偶者が借金をしてしまった事による生活苦は、離婚理由としてとても多い事になります。借金が多いから離婚をしたいと言うのは、法的離婚原因と言う事にはなりませんが、婚姻関係を継続する事が難しいとして、裁判を起こせる理由になります。

但し、借金が原因で離婚をする場合にその借金を、もう一方が返済する義務があるのか。と言う事が問題視されると思います。それは借金をした理由によります。日常生活においてお金が必要であるが為に借金をしたのであれば、名義がいくら片方の場合でも共同の負債と言う事になり、借金も2人で分ける事になります。

また日常生活に関係が無い借金は、共同名義人や連帯保証人になっていない限り、負債を負う責任はありません。

配偶者が借金を抱えてしまった場合、夫婦としてどう動いていけばいいのか、離婚をする際でも有利になる為にはどうすればいいのか、知識をきちんと持って対処する必要があります。





LINK