離婚の悩み…

  • 離婚の原因「家事の放棄」

 

離婚の原因「家事の放棄」

離婚をする原因には様々な事がありますが、その中に「家事の放棄」が挙げられます。

結婚をすると、夫は外で働くもの、妻は家の事をするものと勘違いして、例え妻が働いていたとしても家の中の事を一切やらない亭主関白を気取る人がいますが、これは間違っていると思って下さい。結婚生活をしていく上で、夫婦はお互いに協力し合って生活をしていく義務があります。つまり掃除や洗濯、料理と言った家事においても夫婦で協力をする義務があると言う事になります。

とは言う物の、全ての家事を分担しなさいと言っている訳ではありません。妻が専業主婦であるならば家事は妻の仕事と言う事になるでしょう。また逆に男性が主夫として家事をやっている家庭もあります。

しかし、兼業主婦なのに仕事もやっていて、家事も全てやっている妻が多いのも事実です。朝早く起きて子供の世話、朝ご飯の準備、自分の支度、仕事、家に帰ってきてからもご飯の準備、後片付け等をこなしていると眠るのも一番最後になってしまいます。

家事は年中無休フル稼働で働く仕事です。日曜日に夫が居間で寝そべっていて妻が洗濯掃除に忙しく、その状況で知らんふりされたら頭に来てしまうのも当然です。「俺は仕事をして疲れているんだ、日曜日位ゆっくりさせろ」と主張しても、妻も働いているのですから「じゃ、私も」と言いたくなります。この様に家事を放棄すると言う事は、限度にもよりますがやり過ぎると離婚の原因に充分なり得ます。

とは言っても、離婚を認められる事が有っても、それによる慰謝料を取る事は難しいと言う事は覚えておきましょう。





LINK