離婚の悩み…

  • 離婚に関する養育費の問題

 

離婚に関する養育費の問題

お子さんがいる家庭において離婚をする場合、問題になるのは養育費に関する事です。子供を育てていく為には、本当に多くのお金が必要になります。例えば、衣食住を確保する事は必要ですし、教育費、娯楽費、医療費等本当に多くの費用がかかります。この事を総称して養育費と呼んでいます。

離婚をする事で、夫婦としての関係は法的にも解消されます。しかし、どちらに引き取られたとしても親子としての関係は一生涯続きます。またどちらの親からしてみても、子供が成人するまで扶養をしなくてはいけません。それが親としての義務になります。

子供を引き取って一緒に生活する親は、子供に関する費用を常に負担していく事になりますが、子供を手放して一緒に生活をしていない親は、その費用に関して無視する訳にはいきません。例え毎日会っていないとしても、養育費を分担して出していく義務があるのです。

養育費を離婚した配偶者に対して支払うのは抵抗があると感じている人もいるかもしれませんが、自分の子供の為に使う費用だと言う事を良く理解しておきましょう。

養育費についての額や支払い方、その期間に関しては、夫婦間でよく話し合った上で決める事が望ましいです。子供に対して現在いくら必要なのか、将来どれ位のお金が必要なのか、夫婦の収入に対してどれ位の費用が捻出できるのかも合わせて検討する必要があります。

また、支払期間に関しても子供が成人を迎えるまで、学校が終わるまで等明確に設定する事も必要です。

更に、支払い方ですが日本では毎月一定額を支払うと言う方法を取っている所が多い様です。しかしその通りに支払われない事が多いのも事実です。きちんと支払って貰う為にも公的な文書としてきちんと残す事が必要になります。





LINK