離婚の悩み…

  • 熟年離婚と年金分割制度

 

熟年離婚と年金分割制度

熟年世代の人が離婚と言う事になると、離婚後の生活についてはかなり深刻な問題になると思います。特に金銭面に関しては深刻であると言えるでしょう。財産分与や慰謝料問題は当然のことながら、熟年世代になると年金分割制度と言う物もありますので、金銭面はかなり深刻化します。

熟年世代になると、離婚後に自分で収入を得て行くと言う事が難しい場合が多いです。ですから貰える物であれば貰いたいと思うのが当然の事でしょう。

そこで、最近登場した「年金分割制度」についてですが、良く分からないと思いますので少し簡単に説明します。

年金の分割対象はあくまでも婚姻期間中に納めていて年金に対してと言う事になります。例えば、夫が厚生年金に加入していて、妻が専業主婦だったとします。そう言った場合は、婚姻期間中に厚生年金で支払った年金だけが分割対象となります。結婚前の夫の年金保険料、離婚後の夫の年金保険料に関しては分割の対象外になりますので、注意が必要です。

分割された年金を受給する場合には、年金を受給する資格期間を満たしている必要があります。これは分割された年金は自分の年金に上乗せされて支給される為です。ですから、ご自分に資格があるかどうかを確認する事が先ず大切になります。

更に、受給開始はご自分の年金が受け取れる年齢に達してからになりますので、注意する必要があります。ご主人の方が年上だとしたら、奥さんはご主人より後に年金が貰えると言う事になります。一緒には受給されませんのでご注意ください。





LINK