離婚の悩み…

  • 熟年離婚の意味

 

熟年離婚の意味

熟年離婚の意味ってご存知でしょうか。「熟年離婚」と聞くと熟年世代である高齢者の人が離婚をすると言う意味の様な感じがしますが、実は違うのです。

「熟年離婚」とは、結婚生活が20年以上も続いている夫婦が離婚する事を指しています。ですから20歳で結婚した夫婦が40歳で離婚をするとしても、「熟年離婚」と言う事になるのです。

意味合いとしては、結婚生活が長くなればなるほど、生活そのものが熟してくる事になります。しかしそれが元となり、今までの生活に関する不満が積み重なってくる事もあります。その事に耐えきれなくなり「離婚」と言う形に踏み切ってしまう事が「熟年離婚」の意味になる様です。

「熟年離婚」と言う言葉は、最近耳にする様になってきたと思うのですが、昔はそんな言葉さえ無かった様な気がしますし、熟年離婚を実際にしている人も今ほど多くなかったと言えます。その理由としては年金問題が挙げられるようです。

今までは、専業主婦できた人が離婚をすると、金銭面において損をする事になり、離婚後の生活に対して自信が持てなかったので離婚自体を思いとどまっていると言うケースが多かった様です。しかし現在では「財産分与」の中に「年金」も含まれるために、離婚を実際に行っても有る程度の生活の目処が出来る事になり、離婚に踏み切りやすくなったと言う事が挙げられるのです。

また、慰謝料に関しても通常は精神的苦痛に関して支払われますが、熟年離婚に関しては、その生活自体が苦痛とみなされる場合もあるようです。長い生活の間、旦那に虐げられた態度を取られたりして苦痛を味わっている場合もあります。こう言った事も慰謝料の対象になるのです。





LINK