離婚の悩み…

  • 熟年離婚を防ぐために

 

熟年離婚を防ぐために

近年、熟年離婚が増加している傾向があります。熟年離婚が増加している理由としては、慰謝料、財産分与、その他に年金分割制度が導入された事が挙げられます。

年金分割制度をあてにして、離婚をしようと思っているケースも最近では少なくない様ですが、年金分割制度には注意する点がいくつかありますので、挙げてみたいと思います。

先ず、現在ご自分が年金が受け取れる年齢であるかどうか確認する必要があります。年金分割制度を利用して年金を受け取る為には、年金受給資格年齢である必要があります。ですからそれ以前の年齢であれば、その年齢になるまで受け取れないと言う事になりますので、注意してください。

また、年金分割制度で分割できる年金とは婚姻期間中に収めた「厚生年金」のみになります。婚姻期間外に収めた厚生年金、または国民年金に関しては婚姻期間中に収めた場合でも分割の対象外になりますので勘違いしない様にしましょう。

そもそも年金分割制度が出来た背景としては、離婚後における老後の生活をある程度確保する為と言われています。その為共働きであったとしても夫婦の平均月給を算出しその半分の額が上限となります。ですから、給料が多い方が少ない方に年金を分割すると言う考えになりますので、妻が夫に支払うと言うケースも充分に有り得る事になります。

この様に様々な状況を考えてみて、不利にならない為にも、先ずは熟年離婚自体を考え直す方向で考えてみてはいかがでしょうか。長年連れ添っているからこそ分かる事もあります。しかし会話も大事なコミュニケーションです。すれ違い等起こらない様に充分に話をして、それからでも離婚を考えるのは遅くないのではないでしょうか。





LINK