離婚の悩み…

  • 離婚後の戸籍について

 

離婚後の戸籍について

婚姻関係が成立している場合には、戸籍は夫婦揃って1つになります。しかし離婚が成立した時点で、別の戸籍になる事になります。

例えばですが、通常通り夫の籍に入る形で結婚をする場合、結婚時に夫を戸籍筆頭者として妻がその戸籍に入る形で新しく戸籍が出来あがります。この様なケースでは離婚をした場合に夫の戸籍から妻が除籍されると言う形になる為に、離婚した妻は元々戸籍を持っていた所(通常は実家)に戻すか、自分が戸籍筆頭者となって新しい戸籍を作る事になります。この時に妻の姓は元々の姓に戻る事になります。もちろん、夫が婿養子として妻の姓になっていた場合には、この逆と言う事になります。

これは余り聞かない話だと思いますが、離婚をした後も元の姓に戻らないで結婚していた時の姓を続けて名乗る事が出来ると言う方法もあります。こう言った場合には、離婚をしてから3ヶ月以内に届け出を役所に出す事で可能です。この場合には証人も不要ですし、その姓の元となる配偶者の承認も不要になります。3ヶ月を過ぎた後も家庭裁判所において申し立てを行う事で、手続きは出来るのですが、理由について厳しく追及されますので結婚時の姓を名乗り続けたい場合には出来るだけ3ヶ月以内に届け出を出す様にしましょう。

とは言っても、心境の変化でやっぱり元の姓に戻りたいと思う場合も月日が流れれば出て来ると思います。そう言った場合でも家庭裁判所に申し立てを行い、許可を得る事で変更する事が可能です。

この様に戸籍や姓に関しては色々な選択肢がありますので、離婚の際に充分に考慮した上で決める様にしましょう。





LINK