離婚の悩み…

  • 離婚後における子供との関係

 

離婚後における子供との関係

子供がいる夫婦が離婚をした場合、問題になってくるのは親権問題だけではありません。親権を持つ事が出来なかった方が、子供と今後どういう接触を持っていくのかと言う事も大きな問題となってきます。

離婚後、親権を持たなかった方の親が、子供と面会したり連絡を取ったりして子供と接触できる事を保証してくれる権利を「面接交渉権」と言います。

これには法的規制が有る訳ではないのですが、裁判を通す事によって決められる権利であり、現在は親であるならば当然の権利としてみなされています。

未成年者の子供にとって、両親が離婚をしたのであればどちらか一方としか生活をする事が出来ません。ですから、離婚によって引き離された方の親と会う事は、何物にも代えがたい喜びや、色んな経験を得る事になるのです。その事が子供の成長にとっても役に立つことだと思います。

しかし、こう言った権利を無視して、合わせない様にする親ももちろんいます。これは場合にもよると思いますが、離婚した本人の勝手であり、子供にとっては悪い影響となりかねません。逆に子供が会いたくないと言っているのに、面会交渉権を使って無理やり合わせる事も子供の為にはなりません。

親にとって子供に合う事は大切な事ですが、親のエゴばかりを考えて進める事は、子供の成長にとってとても悪影響になります。何よりも子供の事を考えて双方が慎重に話し合い、良い方向に進める様にする事が大切となります。





LINK